カラーセラピーって?

色には意味があります。

色は、人間の五感・・・視覚(見る)、聴覚(聞く)、嗅覚(におい)、味覚(食べる)、触覚(さわる)
すべてにつながっています。

たとえば、虹を見た時、綺麗だなと思う(視覚)
赤い色を見た時、熱いと感じる(触覚)、
黄色を見た時、かん高い声が浮かぶ(聴覚)etc・・・・
というように色は、身の回りのものすべてに、密着しているものなのです。

そして、心にも深く関わりがあります。
カラーセラピーとは、色を使った色彩療法です。

14本のカラーボトルの中から、
クライアント(お客様)に直感で、数本のカラーボトルを選んでいただきます。
✳ この直感っていうのが実はとても大事なのです。
直感で・・・心を無の状態で、何も考えずにボトルを選ぶ事で、より潜在意識に問いかけやすくなります。

そしてセラピストは、選んでいただいたボトルの色の意味を、キーワードとして投げかけます。
クライアント(お客様)が、いくつかのキーワードの中から、何かに気づいてお話するうちに、どうしてこの色を選んだのかがわかり、
また、話す事でストレス解消につながります。
そして、ヒーリングカラーといって、今必要なカラーもわかります。
それを日常に取り入れる事によって、
さらに気づきが深まったり、意識することにより、いつのまにか解決するというものです。

例) ○考えすぎて、もうどうしていいかわからない時。
○心がモヤモヤしてるのは何で?
○自分はいったいどうしたいの?
○子育ての悩みetc 

よく占いと間違われる事もありますが、
占いとは違います。
占いの様に、こうなります、こうした方が良いという、ジャッジは行いません。
あくまでも、自己解決へのお手伝いをするものです。
その場で、気づかれる方もいれば、後から、
気付く方もいらっしゃいます。
ですから、ヒーリングカラーも大事な役目を持ってますね。

気付きと癒しをお届けできるよう、
必要であれば、アロマを焚いたり、他のカードを用いたセッションを行います。
ご予約はこちら⬇

色と香りの サロン  Ru'sShake

札幌市東区で、 パーソナルカラー診断、 TCカラーセラピスト講座、各セラピー、ヒーリングを行なっています。

0コメント

  • 1000 / 1000